« ハワイを堪能する日 5 | トップページ | ハワイを堪能する日 6 »

2006年2月10日 (金)

食い下がる日

今日は5時半起床という、私にしてはかなり珍しい行動をしてしまった。

「早起きは三文の徳」というが、今日は何かいいことがあるだろうか?

というのも、昨日1日気になって仕方がないことがあったのだ。

ここに来て頂いている方にはもうお分かりかもしれないが、私は一つの事が気になるととことん気になって仕方がない性格である。

気になることがあると異常に目が冴え夜は寝れず、朝はまた異常に早起きしてしまう。

このような私の被害に遭うのが、我が主人である。

昨日は寝るが寝るまで私の質問に答えさせられたのだ。

何がそんなに気になったのか。

皇室典範改正一連の騒動である。

「皇室とはそもそも一体なんなのか?」

こう聞かれてすぐに答えられる人が今の国民の中にどれぐらいいるのであろうか。

昨日自分なりに調べてみたが、それはそれは難しいことばかり書かれたものがほとんどである。

今月14日に29歳になるが、恥ずかしいまでに日本の歴史を知らず、多くの言葉の意味の解らなさに少々どころか、かなりの勢いで凹んだ。

しかし私の無知さをここで嘆いたところで仕方がない。

昨日1日ネットでいろいろ調べたところで全てが解るわけでもなく、解ってもいないのに今ここでトンチンカンなことを書こうとしているかもしれない自分を止めることもしない。

もしかしたらこのトンチンカンな記事を読んで、この問題に興味を持ち、もっと調べてみようと思う人もいるかもしれない。

               

「天皇は、日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴であつて/日本国憲法」

調べているとこの文がやたらと目についた。

統合とは「いくつかの物を一つにまとめ合わせること」だ。

日本国民ははっきりいってほぼ単一民族である。

他国のようにいろんな民族から構成された民族ではない。

一体何を持って統合したと言うのであろうか。

またそれの象徴?

職業選択の自由もなく、発言の自由でさえ皇室にはないように思える。

記憶に新しい皇太子様の「人格否定発言」は大問題になった。

しかし、皇太子様も人間であり、感情もある。

いろいろ抱えた問題を通して、気持ちを表しただけなのに大騒ぎだ。

お誕生日を迎えるごとに記者会見などが行われるが、そのたびにお世継ぎ問題に触れられ、はっきり言ってセクハラ以外の何者でもない。

国を挙げてのお祝いどころか、国を挙げてのセクシャルハラスメントである。

民間人ならば訴訟など起こすことも可能だが、それさえ出来ずにじっと我慢しないといけないのだ。

それに、この民主主義の世の中で、天皇制自体が「世襲」という形でその役割を伝えていくという非民主主義的な制度ではないか。

例外と言ってしまえばそれまでだが、その例外を貫き通すものが民主主義の世の中を生きる国民の象徴とはなんだかとてもおかしい話である。

               

また、「何千年も続いてきた伝統であるからして命を懸けてでも守らないといけないことである!!」などと言った代議士がいたが、実際この問題で命を狙われたら、命がけで守るのは自分の命であろう。

口先番長は引っ込んでいてもらいたいものだ。

あまりにも素晴らしいキャリアを持っていたが為に、お妃として望まれ、基本的人権などほとんど存在しないようなところへやっとこさ決心して嫁いだ女性。

自分で決心して嫁いだのだから、それはもういろんな事を我慢してやっていかなきゃ、などと私は言いたくない。

民間人のままであればもっと素晴らしいまでの活躍をし、世界中を飛び回っていたことであろう。

それを捨てて皇室に入っただけでも、素晴らしい決心である。

何度か流産をしたものの、やっとお生まれになったお子様に対して「生まれてきてくれてありがとう」と涙をこらえながら言った言葉は、見ているこちらとしても胸が熱くなるほどの言葉であった。

血の通った人間である。

今の時代を生きる感情を持った人間なのだ。

時代錯誤も甚だしく、皇族だからと人権をほとんど無視するような「伝統」というものがこれ以上必要であろうか。

そんな感情云々を持ち出すような話しではない、と言う人もいるだろう。

だが、感情を持ち出すなというなら、男系天皇制を貫くべきだと言うならば、側室制度をなくすのはおかしいであろう。

感情を全て殺せというなら側室制度は残すべきなのではなかろうか?

一人の女性が次から次に子供を産めるわけがない。

公務などもあって、子作りばかり出来るわけがないではないか。

男系天皇制を貫けなどと言う事は、男子が生まれるまで子供を産めと、遠まわしに言っているようなものである。

矛盾にも程があるし、酷いの一言だ。

そこまでして守るべき「伝統」なのであろうか?ただ、長く続いてきただけの話だ。

民主主義国家国民の象徴と言うのであれば、象徴自体に民主主義制度をそこに設けるべきであろう。

                    

何を言っても声は届かず、男女平等などといっても実際は男性優位な社会であるし、少子化対策などもほとんど取られていない。

女も働かないと子供を産めるような状況ではないのに、結婚していて子供がまだいないと「子供産むからすぐ辞めるでしょ」などと言われることもよくある話だ。

この他にも書ききれないほどの問題は山積しているが、高い給料貰っておきながら議員は与野党でつまらない批難合戦をするばかりだ。

そんなことをする暇があったら、一つづつ問題解決してほしいものである。

今のままでは、ただパフォーマンスのうまい政治家どもに血税を吸い取られながらも、ただ黙って働き続ける「憐れな国民」の「憐れな象徴」でしかない。

なんにしても、皇室典範に関しては男系継承問題だけでなくその他のいろんな観点から十分に議論し、改正してほしいものだ。

                  

誤解のないように付け加えだが、私は廃止すべきであるとは言ってはいないし、男系継承反対でもない。

あらゆる矛盾というものに対して違和感を感じ、その違和感の一部をここに書いたにすぎない。 

何が一番大切なのか。

天秤にかけたところで答えは出ないものなのかもしれない。               

             

|

« ハワイを堪能する日 5 | トップページ | ハワイを堪能する日 6 »

コメント

何十人の代議士よりも一人の皇室が
行く方がうまくいく事が多々ありますよね。
どっちが良いとははっきり書きません。

話の腰を折っちゃいますが、すいません。よけいなお世話ですが、長年のNET経験から、あまりこのての話はNETではしない方がよろしいかと。誰でも見れてしまうblogなので、右の方と野球の悪口は書かない方が無難です。

投稿: きんぐ | 2006年2月10日 (金) 11時13分

わ!今日の話題は、すごい!!です。MEGUさんが、考えているほど、自分はなにも考えてはいなかった。。
と思いました。。ただ、実は、本日は朝から、私も、民主主義と自由ということについて、自分なりに答えを出したところでした!!!この手の、話題に立ち向かえるのは、随分と骨太な人とか、左・右?翼とか、怖いので女だてらに、MEGUさんが怪我すると心配です~~。けど、女だてら~~と言って、差別用語でしたね!ガンバッテ。と言うか、自分でも書いてみるべきか。。。考えます。。本日はありがとうございました。。

投稿:  もしかして前世は天皇とか?? | 2006年2月10日 (金) 11時58分

気になってこだわると、ここまで入れ込んでしまうのね。
そっか、今までもそうでしたね。これがMEGUさんの真
骨頂ですから。

熱く語ったMEGUさんでしたが、今日もう1個エントリー
ある?続き気になっちゃって(^^ゞ。

投稿: HyperChem | 2006年2月10日 (金) 12時24分

ほんとですよね。皇室の人の基本的人権て無いに等しいですよね。

投稿: 次郎 | 2006年2月10日 (金) 14時10分

こういうことをしっかりと考えて纏められるのがMEGUさんの
幅というかキャパシティの広さなんかな~凄いのう!
と、極めて私的な事しか考えることのできないワシは
専ら尊敬に値する・・・と感じてしまう訳ですよ。

ただ、きんぐさんの書かれていることも「なるほどな」と(誰もが観られると言う点で)考えてしまいますね。

投稿: yaeka69s | 2006年2月10日 (金) 14時41分

<もしかして前世は天皇とか??>さん
 
先日<今日もありがとう。。>という名前でコメントくださいましたか?いつも読んで頂いてるようでありがとうございます。
コメント返しにいけないので、ここで。
皆さんいろいろ意見のあることですから、私の考えてることはその一つにしかすぎません。コメントを頂いて、このようなところで口にするべきことではなかったかとも思っていますが・・・言論の自由・・・<自由>とは本当に難しい事です。

投稿: MEGU | 2006年2月10日 (金) 15時42分

少しは気が済みましたか?
物言えど 唇寂し・・・ってな 感じばかりですよ。
世のなか 不公平 理不尽 ワケわかんない~??
ことだらけ 
雅子様は 真っ直ぐな方です 真面目過ぎるかたです。
お気持ちを隠せないからこそ 葛藤が多すぎたのでしょう。
「全力でお守りします」という約束を守り通そうとするならば この先 どうなっていくのでしょうね。。。

投稿: +あい | 2006年2月10日 (金) 18時11分

私も考え出したらとまんない方だけど・・・それ以上に「心配性」かな?
外出する時は異常なほどかぎの確認とか窓とか・・・チェックだけで時間かかって遅れちゃいそうになります(汗)

投稿: 染麗 | 2006年2月10日 (金) 20時12分

皇室ですか?難しい話は「ピンボケよっすぃ~♪」には判りませんが(ハッキリ云って?!)僕の従兄弟が有る時期に「行儀見習い」で宮家(皇室の親戚すじ)に行っていた事がありました3年ほどでしたが、一年に2回くらい薮入りで家元に帰るますると、菊の御紋の煙草とお菓子を下さいまして、それはそれは味わいながら戴いた思い出があります。今は宮家では無くなりましたが(恐らくは昭和天皇の崩御により除籍の為)ラストエンペラーのアイシンカクラ・フギとも親戚筋の方でした♪
天皇を中心とする宮家は大変な世界らしく人格のなにも無いような所のような気がします☆平民でよかった♪

投稿: よっすぃ~♪ | 2006年2月10日 (金) 21時28分

私もね、「教えて!」って思っているのです。
なぜ女性天皇は有りでも女系はだめなのか、男系とそんなに違うのかとか。
それから、男女を問わず第一子優先になると宮家が増えて税金が増税されるのかとか。
天皇制は大切なものだけれど、民間から嫁いできた妃たちの人権を蹂躙してまで守るべきなのか、とか。
我が家は娘2人で息子はいないから、男優先でなくてもいいんじゃないかとか、いろいろ考えます。
ただ、私にはこの問題に対する知識があまりないので、これからたくさん勉強しなければいけないな、と思います。
今は、なぜ?どうして?何がいけない?本人たちになぜ決めさせない?など疑問がいっぱいです。

投稿: スズランラン | 2006年2月10日 (金) 21時31分

うーん。この手の話はムズイな〜。
「人」であるけどある意味で「神のあつかい」もあるし。
(要するに皇室と深いつながりをもつ神社とか、天皇を御祭神としてお祀りしている神社とか、神道ってやつ。)
なもんで、いろいろ絡んじゃってるし。
今の「皇室」つっても、結局「戦後のお飾り」になってるとこもあれば、そうじゃないと支持される方々もいらっしゃいますし。
う〜ん。。。。あまりに「色々に深い」問題だからな〜。
でも、きんぐさんとyaeka69sネェの言ってるのは、オイラも同意見っすよ。(誰もが見れる場所でのってことね)

投稿: とよ兄 | 2006年2月10日 (金) 22時59分

日本人は、どうも昔から続いている「伝統」というものを手放しで守ろうとしていく傾向があると思います。


社会情勢、経済状況、国民の賢さ等、日々変わる環境の中未だに変えられない社内の古い体質。
先日、部・課長と散々議論しましたよ。。。

投稿: KOJI | 2006年2月11日 (土) 00時10分

MEGUちゃん、これ難しい。疲れてて、眠いし・・明日朝もう一度くるよ。おやすみ。

投稿: なまはげ | 2006年2月11日 (土) 00時59分

確かに答弁なさっている方々に聞きたいことはたくさん。
もう少し、わかりやすく説明してほしいものです。

投稿: なるいも | 2006年2月11日 (土) 01時25分

とても難しい問題のような気がします。。
俺は代議士とか、政治家とか・・・><
日本がよき国になるように俺たちは願うしかできないのかもですね・・・><

投稿: West Villageの住人 | 2006年2月11日 (土) 04時36分

私もよく分かっていなくてMEGUさんほどではないけれど少しだけ調べてみました。
でもやっぱりよく分からなかった。。。

投稿: hyohyo | 2006年2月11日 (土) 05時36分

おはよう。
夢の中で、考えてきました。今の天皇制は、ズット男系の流れに則って続いてきています。中には、女性天皇もおりましたが、女性天皇のお子様は天皇にはなれなかったんですね。今度の論議はここまで変えようとするから複雑になっています。
明治の皇室典範、昭和の皇室典範ともに男系の男子が天皇に就くとなっています。
愛子様は、男系の女子ですからこのままでは女帝にはなれません。
そこで、道は実は3通りに分かれているんじゃないのかなと。1つは、男系男子のまま。2つ目は男系の女子もOKというもの。3つめは、女系のお子様も天皇即位OKというもの。
どれが、一番いいのかは即答できませんが、早急に解決できることではないと考えます。なぜに、○泉はことを急ぐのか、それがわかりません。日本のヒットラーを気取っているのでしょうか?

投稿: なまはげ | 2006年2月11日 (土) 09時36分

わかります。
その気持ち。
なんだか釈然としないんですよね。
私も廃止すべきとは思いませんし、男系継承反対でもありません。
ただ雅子さまが気の毒に思えたり、少しでも生きやすくしてあげられないものでしょうかね。
皇室とは言っても人ですから。

投稿: ゆき | 2006年2月12日 (日) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2794/663380

この記事へのトラックバック一覧です: 食い下がる日:

« ハワイを堪能する日 5 | トップページ | ハワイを堪能する日 6 »